幼馴染との恋愛を成就させる方法

幼馴染との恋愛を成就させる方法
幼馴染に片思いしていたり後から幼馴染を好きになった場合、どうやって恋愛すればいいのでしょうか?

ずっと昔から知っている分、今さら言えないと悩んでしまうかもしれません。

そんなあなたは、これからお話しする幼馴染との恋愛を成就させる方法を試してみてください。

あなたを異性として意識させる

小さいころからいつも近くにいた幼馴染は家族のような安心感がありますが、それゆえ異性としてのドキドキを感じられなくなっています。

しかし、ドキドキ感がない男女の関係が恋愛に発展することはまずありません。

よって、あなたがまずやるべきことは、あなたを異性として意識させて彼をドキドキさせることなのです。

ドキドキさせると言うと難しく感じるかもしれませんが、心配はいりません。女性が男性をドキドキさせるのは簡単です。

彼をドキドキさせるために、まずは外見を変えていきましょう。

髪型

髪型は雰囲気を変えるにはもってこいです。

彼の好みの髪型にしてみるのもお薦めです。ただし、男性は鈍いので、僅かな変化ではなく大胆に変えないと効果が得られないことがあるので注意してください。

彼から見た魅力的な女性に近づく努力をしてみましょう。

ファッション

鉄板ですが、いつもジーンズだった女性がワンピースを着るなど、より女性らしいファッションへの変更は効果的です。以前より一段階露出を高くしてみましょう。

女として意識させるために外見の魅力はやはり重要です。

彼の心を、

「子供の頃は意識してなかったけど、コイツは女だったんだ」

という状態に持って行くのです。

悪い意味で家族みたいになっている彼との関係を、異性の関係にシフトさせることが何より重要になります。

あなたは失いたくない存在

外見を変えて彼があなたを女として見るようになったことを確認したら、次はあなたを「失いたくない存在」として認識させるようにします。

彼は幼馴染のあなたは今後もずっと側にいるだろうと思っています。それがいけないのです。これは既に手に入っている状態だからです。

彼と付き合いたいなら、あなたは手に入らない存在にならなくてはいけないのです。

女性は星の数ほどいますが、あなたはたった一人の存在。そのあなたを彼が失いたくないと思ったとき恋愛感情が発動します。

求めさせてから「引く」

彼にあなたを失いたくないと思わせるには押すだけではダメ。押すだけなら誰にでも出来ます。

ここで必要になるのは押しではなく、「引く」技術なのです。

幼馴染の彼は、あなたの性格や内面の魅力は知っています。子供のころから関係が切れていないということは、性格的に相性がいいのは疑う余地がありません。

ですので彼と付き合うためには、内面を磨くより外見の魅力を与えることが重要になります。要するに彼があなたを女として求めてくるように仕向けるのです。

彼に、あなたを失いたくないと認識させるために「おあずけ」をしてください。求めさせてから「おあずけ」する引きの技術で彼はあなたに夢中になります。

彼があなたを女として見ていることを確認したら、他の男性の存在を匂わせてください。

「他の男性に付き合ってと言われた」などと恋愛相談をしてみるのも効果的です。

これにより、彼のあなたに対する認識を、次のように変化させるのです。

  1. 幼馴染
  2. 女だったと認識
  3. 失うかもしれない

いつも近くにいたあなた、いつの間にか女らしくなっていたあなた、そのあなたを今失おうとしていると気づいたときに、彼の心はあなたを恋人として求めるようになるのです。

彼の味方でいてあげる

具体的なノウハウは以上になりますが、彼との恋愛を成就させるために必要なマインドが「彼の味方でいてあげる」です。

彼が何かに落ち込んでいるときなどは、しっかり味方になってあげてください。彼に落ち度があるような場合は、しっかりと怒るのも効果的です。

彼に何かあった時、近くにいることが出来るのが幼馴染の特権です。それを活用しない手はありません。

あなたに嫌なことがあったとき側にいてくれる人がいると心強いと思います。男性も一緒です。

心を許せる女性が側にいてくれることは男性にとって大きな安らぎになります。

彼が困った時は、あなたが彼の安心できる居場所になってあげるという気持ちを常に忘れないようにしてください。

その気持ちが彼に女性の愛を感じさせることに繋がります。


いかがでしたか?

幼馴染が相手だからこそ、素直になれない人も多いかもしれません。

しかし、そこは殻を破って勇気を出してください。あなたの頑張りを一番近くで見ていた彼だからこそ、付き合ってからはあなたを大切にしてくれます。

告白は勇気がいることですが、頑張ってあなたの幸せをつかんでくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする