キープされてる?元彼から連絡が来る5つの理由

キープされてる?元彼から連絡が来る5つの理由

元彼から連絡が来ることもあると思います。キープされてるのではないかと不安になるかもしれません。

元彼が連絡してくる心理が気になります。そんなときどんな対応をすればいいのでしょうか?

元彼から連絡が来る5つの理由と大人の女の対処法についてご紹介していきます。

元彼から連絡が来る理由

別れたのに元彼から連絡が来る理由は、大きく分けての5パターンがあります。

まだ気持ちがあなたにあるから

理由はどうあれ別れたわけですが、元彼があなたのことをまだ好きだから、あなたが今何しているのか、どうしているのか気になって連絡してくることがあります。

特にあなたから一方的に別れを告げた場合は多くなります。

男性は過去の女性を引きずってしまうことが多いもの。自分のことを忘れないでほしい、よりを戻したいという気持ちがまだあるため連絡を取ってしまうのです。

ふと思い出したから

あなたは、ふと寂しくなったり、元彼とのことを思い出したりする夜なんてありませんか?

男性にだってそういうときがあるのです。そこでふと思い出しあなたに連絡したという場合もあります。

未練の有無に関わらず、男性は脳の造り上、過去を割り切りにくくなっているとされています。女性は上書き保存なのに対して、男性はファイルごと(つまり女性ごと)に別名保存している場合が多いのです。

そのため男性の方が過去に浸ってしまうことはよくあります。

友達に戻りたい

恋人としては一緒にいないことに納得していても、友達としてはこれからも付き合っていきたいと考える男性もいます。

一度別れた人と友達になんてなれないと思うかもしれませんが、別れても人として嫌いになったわけではないので、友達として大事にしていきたいと思う人もいるのです。

男女の友情は成立するか考えたことがある人も多いと思いますが、お互いが男女の友情もあると思っている場合なら、充分に男女の友情は成立します。

恋人としてあなたのそばにいた人なので、他の男性よりあなたを理解しています。そんな男性の友達はきっとかけがえのないものになりますよ。

あなたしか知らない話がある

付き合っていたころの話など、あなたしか知らない話がある場合、それを聞いてほしくて連絡してくることもあります。

この場合、未練はなくても、あなたへの信頼関係は持続していると考えていいでしょう。

いくらあなたしか知らない話であっても、信頼のない人に話したりはしないはずです。

円満に別れた場合は相談相手として連絡を取ってくる場合も充分にありえます。

お金などを借りようとする

考えたくないですし、あってほしくないことですが、金銭などの援助を求めて連絡してくる男性もいるようです。

最初は「元気にしてる?」や「忘れられないんだ」など表面上良い言葉を並べてくる男性もいます。

元彼から連絡が来たときの対処法

元彼から連絡が来た場合、連絡してきた理由を正しく見極めることが大切です。

連絡してきた理由に応じて、次の3パターンの対処法が考えられます。

あなたに未練がある内容だった場合

この場合、あなたの状況に応じて対処法は変わってきます。

あなたがフリーならもう一度彼としっかり話し合ってみるのも一つの方法です。別れた理由にもよりますが、修復可能であれば冷静になれている今だからこそ、じっくり考え直してみるのもいいと思います。

新たな彼氏がいるなら、曖昧なことを言うのではなく、はっきり断ってあげましょう。しっかりと元彼に前を向かせてあげるのも優しさです。

同情で連絡を取り合ってしまうと元彼に期待させるだけでなく、今の彼氏にとってもいいことはひとつもありません。

未練はないが友達として関係を望む場合

あなたは男女の友情が成り立つと思いますか?

成り立つと思うなら、これからも友達として関係を続けることはいいことです。しかし、成り立たないと思うのであれば、きちんと元彼にも伝えてあげましょう。

あなたのことを誰よりも知っている異性となるわけですから、割り切ったことを相談したりすることもできるのではないでしょうか。

金銭などを求めている場合

この場合は、はっきりいって相手にするだけ、あなたの時間の無駄です。

一度「もしかしたら貸してくれるかも」と思わせてしまうと、しつこく付きまとわれてしまうことも多いです。

最初が肝心です。はっきりと断り、連絡を絶つようにしましょう。


いかがでしたか?

元彼から連絡がきたといっても理由はさまざま。10人いれば10通りの理由があります。

ですが付き合っていたあなただからこそ、彼の本音もわかるのではないでしょうか?

彼の本音に気づくことができたら、間違った対応をしてしまわないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする