面倒くさい女にならないための4つのチェックポイント

面倒くさい女にならないための4つのチェックポイント
男性に面倒くさい女と思われるのはどんな女性なのでしょうか?

せっかくの大切なご縁を失くしてしまわないように、面倒くさい女にならないための4つのチェックポイントをご紹介していきます。

男性にめんどくさい女だと思われないように、ぜひ参考にしてください。

連絡に依存していないか?

あなたは誰かと常に連絡を取っていたい、連絡をとっていないと不安ではありませんか?
というより依存していませんか?

彼氏が出来ると嬉しくてついつい連絡してしまうことはあると思います。しかし、度を越えてしまうと相手にとっては重荷になり、「めんどくさい女」と思われてしまいます。

連絡をとることと、連絡に依存することは違います。余裕の違いです。

依存状態は心の余裕がありません。「連絡が来ないのはおかしい、不安だ」と精神状態が不安定になります。

おはようやおやすみなどの挨拶などを毎日やりとりするのは決して依存ではありません。

しかし「いま何してるの?」「どこにいるの?」と相手の状況を細かく知ろうとしてみたり、相手の都合を考えずに連絡を催促し続けることによって、連絡に依存しているめんどくさい女と思われてしまうのです。

毎日の挨拶などはコミュニケーションとして必要ですが、相手にも返せる時間、返せない時間というものがあります。

返事が返ってこなくても返事を催促し続けないようにしましょう。

束縛しすぎていないか?

社会人になると、会社での付き合いも大切になります。そんなとき束縛を激しくしてしまうと会社で浮いてしまうこともあるようです。

男性には浮気などのつもりもなく、ただ会社での付き合いとして飲み会など参加しなくてはならない場面があります。そんなときにいちいち機嫌を悪くされていたらめんどくさい女性と思われてしまいます。

まだ付き合ってもいない状態ですとなおさらです。かわいく心配する程度は「好きだと思ってくれているんだな」と相手に思ってもらうこともできますが、度がすぎてしまうとめんどくさい女というレッテルを貼られてしまいます。

また、男性のスケジュールをすべて把握しようとしてしまうのも、めんどくさい女と思われがちです。

好きだからといって男性の行動を制限しすぎるあまり、嫌われてしまうことがないように気をつけましょう。束縛は付き合う前にも付き合ってからでもほどほどがかわいいのです。

気分の浮き沈みを激しく出していないか?

女性には身体の特徴で月に一度「女の子の日」が訪れます。その関係で気分の浮き沈みが多少あることも多いです。

しかし、あまりに気分の浮き沈みが激しいと男性も疲れてしまいます。

そうは言ってもホルモンの関係なのでどうしようもなくイライラしてしまったり、悲しい気分が止められない時もありますよね。

そんなときは無理してまで一緒にいないことがお薦めです。2日目などは症状もひどい人が多く、何をしても楽しいと思えないことも多いですよね。そんなときは1人でゆっくりする時間をとってみましょう。どうしてもその日に男性と会う場合には、事前に説明しましょう。説明があるのかないのかで男性も心構えが違ってくるものです。

無理に外出するのではなく、お家でまったりデートでも提案してみましょう。いつも外出しているカップルなら、お家デートも新鮮ですよ。あなたも気軽に楽しむことができるでしょう。

また、女の子の日とは関係なく、常に気分の浮き沈みが激しい人もめんどくさい女と思われてしまいます。機嫌をとる側はいつもピリピリしてしまい、あなたと一緒に過ごすことを苦痛に感じてしまうかもしれません。それってすごく悲しいですよね。

しかし感情を抑えてばかりでは負担になってしまいます。悲しいときには悲しい、楽しいときには楽しいと喜怒哀楽を表現することは大切です。

しかし、怒や哀の感情は出しすぎるとマイナスなイメージを与えやすいので、いきなり怒るのではなく話し合いをしてみるなどの工夫が大切になってきます。

喜や楽の感情を多く表現できるようにしましょう。

度がすぎたわがままを言っていないか?

「女性はわがままなくらいがかわいい」とも言われますが、度が過ぎたわがままは、めんどくさい女と思われるどころか、嫌われてしまうことも多いので注意が必要です。

実際のところ、よほど容姿のいい人でないとわがままをプラスで受け取ってもらえることはまずありません。

しかしその場合でも結婚相手となると外されてしまうことも多く、少しならかわいいわがままも度が過ぎるとめんどくさい女になってしまいます。

自分の意見を伝えることも大切ですが、相手の意見に耳を傾け、相手の都合にも合わせる柔軟さが大人の女性には必要です。

全てが相手任せなのもよくないので、ほどほどに自分の意見と相手の意見を聞き入れることのできる女性になりましょう。

相手のわがままを受け止めてあげる

大人の女性であっても、わがままを言いたくなる場面もあると思います。

しかし、わがままを言ったら、今度は相手のわがままを受け止めてあげるという包容力を持つことが大切です。それはあなたの魅力になります。

相手のことをきちんと考えることのできる女性は、男女問わず好感を持たれます。

ぜひ意識していってくださいね。


まとめ

めんどくさい女にならないための4つのチェックポイント

  1. 連絡に依存していないか?
  2. 束縛しすぎていないか?
  3. 気分の浮き沈みを激しく出していないか?
  4. 度がすぎたわがままを言っていないか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする