可愛い彼女になりたい!可愛い彼女になる6つの方法

可愛い彼女になりたい!可愛い彼女になる6つの方法

好きな人ができたら誰でも、可愛い彼女になりたいと願うもの。

憧れはいつまでも愛される可愛い彼女。しかし、多くの女性は可愛い彼女になる方法がわかりません。

ここでは、そんな可愛い彼女になりたいあなたのために、可愛い彼女になるための6つの方法をご紹介していきます。

可愛い彼女の定義とは?

あなたは「可愛い彼女」と聞いて何を思い浮かべますか?

見た目美人で女子力高いモテ女子のことを思い浮かべる女性は多いはず。

しかし、実は男性から見た可愛い彼女はそれだけではありません。すでに付き合っているなら、あなたは彼の可愛いひと。しかし、長く飽きずに愛されない原因は他にあります。

男性から見て可愛い彼女とは、いつまでも素直に愛情表現ができる女性です。

カップルであることに慣れ親しみ、彼氏を傷つけたり、失礼な行為をしない女性。また、いつまでも新鮮さを保てる女性も愛され彼女の条件です。これらの特徴の女性がいつまでも愛される可愛い彼女になりえるでしょう。

可愛い彼女になる6つの方法

それでは、可愛い彼女になるための具体的な方法を6つご紹介します。

可愛い彼女になりたいなら、今日から始めてみてくださいね!

さりげない愛情表現

可愛い彼女になりたいなら、いつまでもさりげない愛情表現はするようにしましょう。

付き合って長くなると照れや今更と言う気持ちになり、愛情表現ができない女性がほとんどです。

例えば、デートの帰り際には「今日も大好きな○○くんと一緒の時間を過ごせてとっても嬉しかった」などと伝えてみましょう。あまりに頻繁に「好き」「愛してる」などと言う行為は逆効果。

あくまでもさりげなく取り入れるようにしましょう。LINEではなく、たまに口に出して言うのが可愛い彼女の条件です。

愛情表現は、「好き」と伝えるだけではありません。「○○くんのそういうところ、私自慢なんだ」などと、さりげなく褒めるのも愛情表現です。

上手に褒めて、いつまでも愛される可愛い彼女の座をキープするようにしてくださいね。

少しのやきもち

可愛い彼女の座をつかむには、少しのやきもちも必要です。

素直な愛情表現をしていると、やきもちに行きつくことがありませんか? しかし、行き過ぎたやきもちはNGです。女性のやきもちはすぐに束縛や、監視などの行動になりがちで、それは可愛い彼女とは違います。

少しのやきもちとは、ちょっぴり拗ねるけど、その後すぐに許容するという行動です。

例えば、彼氏が休日に友達と遊びに行く際、本当は自分とデートをして欲しかったと伝えるために、少し拗ねてみること。

「え~!?しょがないなぁ。でも、たまには私のことも思い出してね!」などと言って笑顔で送り出せる女性は可愛い彼女です。送り出したら、彼氏が帰って連絡をくれるまでは連絡をしないことが鉄則ですよ。

彼女の軽いやきもちは彼氏にとっては嬉しいこと。「俺のこと好きなんだ」と実感できて喜んでもらえます。

彼氏を立てる

可愛い彼女になりたいなら、彼氏を立てることもお忘れなく。

お付き合いが長くなってくると女性は彼氏を立てることを忘れてしまいます。彼女の座に安心して優位に立とうとするのです。世の中のカップルのほとんどがこのケースですが、可愛い彼女は少し違います。

実際に二人の空気感では彼女優位でも問題ありません。例えば、ランチデートで食べたいも物を自己主張する行動はOK。彼氏も彼女が食べたいものでいいよと言うのであれば素直に主張して従いましょう。

ここでいう、彼氏を立てるというのは、当たり前のようにご馳走してもらうのではなく、一言「ありがとう」と言えるかということです。常に感謝の気持ちを忘れないで、初々しい女性でいることが大切です。

また、グループでの行動には要注意。二人でいるときと同様に優位に立とうとはせずに、控えめに行動しましょう。彼氏に偉そうな口を聞いたり、命令する行動はNGです。人前では、彼氏を立てて彼氏の意見を尊重するようにしてくださいね。そうすることで、彼氏の自尊心をくすぐれます。

実はこの行動、女性が最も犯しがちなミス。簡単そうに見えますが、世の女性はすぐにでしゃばってしまいます。可愛い彼女になりたいなら注意してくださいね。

すぐ怒らない

可愛い彼女になりたいなら、すぐ怒らないように気を付けましょう。すぐ怒る女性は愛され彼女にはなれません。

女性は男性の僅かなスキをついて責め立てます。しかし、それは可愛い彼女ではありません。もし喧嘩しても、怒りをヒステリックに爆発させないようにしましょう。冷静に嫌なことは嫌だと諭すように話せるといいですよね。

しかし、だからと言って彼氏の嘘や浮気などを許さなければいけないこととは違います。

嫌なことはきちんと主張して、許せなければ怒ってもいいでしょう。しかし、そこまで目くじらを立てなくてもいいような男性のミスを、ここぞとばかりに責める行動は控えてください。

例えば、彼氏がジュースをうっかりこぼしてしまった場合に「何やってるの!?だからあなたはダメなのよ!」などとは言わないこと。

心の広い女性は可愛い彼女に認定されます。包容力があり、優しく寄り添える女性になれるように、ヒステリックな言動に気をつければいいだけです。

恥じらいを忘れない

いつまでも恥じらいを忘れない女性は可愛い彼女です。

例えば、彼との夜に恥じらいを持てる女性。当たり前のように彼氏の前を服も着ないでうろつくような行動に彼氏はがっかりします。いつまでも可愛い下着などを身につけ、恥ずかしそうにする行動に男性は飽きることがありません。

マンネリ防止で積極的に攻める行動もときにはありです。いつまでもフレッシュな彼女でいるためにはベッドのときの工夫も大切なこと。そこには恥じらいを忘れないように注意してくださいね。

彼女がフレッシュでいるからこそ、男性はいつまでも彼女を愛せるのです。

ときどき甘える

可愛い彼女になりたいなら、ときどき甘えてみましょう。

彼氏に依存する女性は可愛くないですが、自立しすぎの女性も男性は物足りなく感じがち。そのため、普段は一人時間も楽しめる女性でいながら、ときどきふと彼氏に甘える行動が可愛く映るのです。

デートの別れ際に、可愛く抱きついて「帰りたくないな」などと言ってみるのは効果的。男性はドキドキしてきますよ。

普段、比較的クールであるから萌える行動。常にベタベタな甘えたがりだと通用しないので、普段は自立した女性でいるようにしてくださいね。このギャップこそが男性が求める可愛い彼女なのです。


まとめ

可愛い彼女になりたい!可愛い彼女になる6つの方法

  1. さりげない愛情表現
  2. 少しのやきもち
  3. 彼氏を立てる
  4. すぐに怒らない
  5. 恥じらいを忘れない
  6. ときどき甘える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする