彼氏いるか聞かれた時に好意を下げない答え方

彼氏いるか聞かれた時に好意を下げない答え方
男性に彼氏いるか聞かれたことはありませんか?

彼氏がいてもいなくても、聞いてきた相手によって答え方に悩んだりしますよね?

興味のない相手や職場関係の人ですと極力揉め事にはしたくないですし、気になる男性から聞かれた場合は特に答え方に悩むと思います。

今回はそんな、彼氏いるか聞かれた時に好意を下げない答え方についてお話ししていきます。

まずは相手の言い方を見極める

まずは彼氏の有無を聞いてきた相手の言い方から、あなたに好意があるのかないのかを見極めることが大切です。

大事なのはそのときの雰囲気や言い方です。

あなたに好意がある場合、

  • 言い方、態度などから真剣さが出ている
  • 少し恥ずかしそうに聞いてくる
  • 「彼氏、いるんでしょ?!」など聞き方に焦りを感じられる

こんな場合はあなたに好意があるので聞いてきたと思っていいでしょう。

逆に、次のような場合は意味もなく聞いてきています。

  • 言い方が雑である
  • 大人数(飲み会など)の場合

このように、意味もなく聞かれたのであれば別にどんな答え方をしても問題ありません。その場を楽しく過ごせれば何でもOKです。

問題は、相手があなたに好意があって聞いてきた場合です。気のない相手に期待されても困るし、変に誤魔化すとバレたとき恨まれます。

彼氏がいる場合と、いない場合の好意を下げない答え方は次のようになります。

彼氏がいる場合の答え方

彼氏はいるのに期待させるような発言をしてしまうと、彼氏の存在がバレたとき印象が悪くなります。

しかし、「いるよ」とハッキリ答えると相手に悪い印象を持たれるかもしれません。

次のように答えてみてください。

曖昧に存在を匂わせる

聞かれた相手が職場の同僚など、面倒なことになりたくない場合は、曖昧な感じで彼氏の存在を匂わせることで伝えてください。

いる、いないをハッキリ言葉にするのではなく、

「う~ん、最近ちょっと忙しいみたいで…」
「学生の時からだから、彼氏っていうか…」

のような言い方で角が立たないように存在を匂わせてください。

彼氏がいない場合の答え方

彼氏がいない時に相手の好意を下げない具体的な答え方は次のようになります。

「○年いない」「ずっといない」など言い切らない

基本的に、答える時は「○年いない」「ずっといない」などと言い切らないようにしてください。

気になるに彼にアプローチして欲しくて「いない」と言いきってしまいがちですが、いないと言いきってしまうことで「ただのモテない人」や「この人何か問題でもあるの?」と思われてしまうケースもあります。

もし彼氏のいない期間が長い場合は明確に答えるのではく、やんわりとごまかす方がいいでしょう。

「いないんだぁ~」と照れてみる

気になる男性に聞かれたときは「いないんだぁ~」と照れてみましょう。

上記と似ていて違うのが、言いきってないことと照れているように相手に見せていることです。

照れながらいう女性のしぐさにドキっとする男性は多いようです。

彼氏はいないということをアピールしつつ、さらにあなたの事を意識させちゃいましょう!

あえてはぐらかしてみる

「どっちでしょう?!♪」とかわいらしく言ってみるのもありです。

最初に聞いてきたときに好意があるのかないのかわからない状況だったとしても、彼の答え次第でわかるかもしれません。会話を膨らませる展開にもっていくこともできます。

聞き返してみる

「え、なんで~?」とかわいらしく聞き返してみましょう。

ですが聞き返すときに何かをしながらなんてことは避けましょう。逆に関心がないと思われてしまいます。きちんと目を見て聞き返してみましょう。こちらは少し上級者向けといえるかもしれません。

「男慣れている女性」と思われないように聞き返すことが大切なポイントです。本当に疑問に思ったから聞いてみたというようなニュアンスを男性に伝えることができたら男性はドキドキするでしょう。

基本的にウソはつかない

最後に注意が必要な点ですが、基本的にウソはつかないようにしてください。

まったく興味のない相手に彼氏いるとウソをつくのは例外として、ウソとはバレたときにあなたの品格を下げてしまうものです。

素直に答えることが全て正しいということではありませんが、ごまかすことと明らかなウソをついてしまうのでは大きく印象が変わってきます。


いかがでしたか?

今回は「彼氏いるの?」と聞かれたときに好意を下げない答え方をシーン別に紹介しました。

対人関係では印象はとても大切です。

相手の気持ちを読み取って答えることで、きちんと相手の気持ちを考えることが出来るようになります。

それだけでもあなたの人間性が上がり、好印象を与えることが出来ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする