音痴な女性がカラオケデートを楽しむ4つの方法

音痴な女性がカラオケデートを楽しむ4つの方法
カラオケはデートの定番のひとつですが、音痴だからとカラオケが楽しめない女性は少なくありません。

しかし、全力でカラオケを拒否してしまうとせっかくのデートの雰囲気が台無しになってしまいます。

ここでは、音痴な女性がカラオケデートを楽しむ4つの方法をご紹介していきます。

歌が下手なアイドルの曲を選ぶ

歌が下手なアイドルやジャニーズ系の曲はプロの作曲家が歌いやすく作っています。音域も狭いことが多いです。

歌が下手なアイドルの曲を選ぶことで音痴は目立たなくなり、歌うことを楽しむことができるようになります。

自分が好きだからといって歌の上手いアーティストの曲を歌うのは危険です。歌うのはあくまで歌うのが簡単な曲だけにしてください。

異性の曲になるとキーを変えたりして難しくなります。歌いやすさは歌わないとわからないことも多いので、1人のときに自宅などで口ずさんでおきましょう。

簡単な曲が自分ではよくわからない人は、歌の上手い友達に教えてもらうのも一つの手です。

歌いやすい曲が見つかったら、何度も何度も練習してみましょう。楽しみながら歌うことで音痴を改善していくことが可能です。

歌うだけがカラオケではない

カラオケは歌うことがメインですが、それよりも楽しむことが大切です。

どうしても歌うのが恥ずかしいという方は、ダンスユニットの曲を入れてダンスで参加することもできます。場を盛り上げるような合いの手なども一つの手です。

カラオケでは大体タンバリンなどが用意されているので、取りあえずタンバリンは手に取りましょう。歌わなくてもその場を楽しめることを知ることで、カラオケの苦手意識を減らすことができます。

カラオケデートといっても2人だけとは限りません。Wデートなどでは盛り上げ役に徹して、ダンスや合いの手で参加するのもお薦めです。

まずはあなたの中にある苦手意識を減らすために、その場を楽しむ工夫をしてみましょう。

そして、カラオケデートということは密室になりますよね。歌うだけでなく2人だけの会話を楽しむのもカラオケデートの醍醐味です。

歌わないといけないと思うのではなく、その場を楽しむ工夫をすることで楽しいカラオケデートにすることができますよ。

音痴ということをさらけ出す

弱点は宣言してしまえば弱点ではなくなります。

先に音痴ということを伝えておきましょう。

一緒にいって歌ったあなたを馬鹿にするような彼は正直願い下げですよね。誰だって苦手分野はあるものです。楽しむ努力は大切ですが、必要以上に馬鹿にする態度をとる彼にはきちんと嫌だと伝えましょう。

また、音痴は恥ずかしいと思うかもしれませんが、音痴な女性をかわいいと思う男性も多いようです。友達とはカラオケに行かないけど、彼氏とは行くというような事実は彼氏にとってうれしいものです。

ありのままのあなたを彼にさらけだしていきましょう。そうすることで変に気負いすることなくカラオケデートを楽しむことができるようになり、カラオケに対する苦手意識をなくしていくことができます。

ありのままのあなたでいれる安心感は二人の関係性にもいい影響を与えてくれます。弱点はぜひさらけだしてみてくださいね。

歌う練習をする

歌は歌えば歌うだけ上手になっていきます。音痴だからといって歌わないままでは上達しません。

お風呂などで歌ってみてください。エコーがかかることによっていつもよりも上手に聞こえます。

また家族や仲のいい友達に練習に付き合ってもらうのも効果的です。現在ではさまざまなアドバイスをしてくれる採点機能もありますので実際にカラオケに行って練習するのもおすすめです。

またアプリなどで自宅でも手軽に練習することもできますので、自宅で練習できる環境があるのであればアプリなどで口ずさむ程度にでも練習してみてください。練習すればするだけうまくなりますし、うまくなることで思った以上にカラオケデートを楽しめるようになっていきます。


まとめ

音痴でもカラオケデートを楽しむ4つの方法

  1. 歌が下手なアイドルの曲を選ぶ
  2. 歌うだけがカラオケではない
  3. 音痴ということをさらけ出す
  4. 歌う練習をする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする