彼氏を依存させることで離れられなくする方法

彼氏を依存させることで離れられなくする方法
彼氏が離れていかないようにするには、彼氏を自分に依存させることが一番です。

モテる女性は無意識的に彼氏を依存させる方法を知っていて、コントロールしているのです。

上手に彼氏を依存させることであなたから離れられなくする方法についてお話しします。

上手に彼氏を依存させる方法

彼氏を依存させて離れられなくするための上手な依存のさせ方は次のようになります。

ぜひ実践してみてください。

一緒に過ごす時間を増やす

彼氏と一緒に過ごす時間を増やすことで「一緒にいることが当たり前」と思わせることが出来ます。

そうすることで彼氏の中であなたの存在が大きなものになります。多くの時間を共有することで思い出も必然的に増えていくはずです。

楽しい思い出を増やしていくことで、彼はたとえケンカしても仲直りして楽しく過ごしたいと思うようになります。楽しい思い出があればあるだけそうなります。

「ツンデレ」という言葉がありますが、まずはたくさん会って彼にとってかわいい守ってあげたい女性であると認識させることが大切です。

それがツンデレのデレの部分になります。

相手をしっかり褒めてあげる

彼の尊敬できる部分や、彼になにかいい出来事があったときなどには、しっかりと褒めてあげましょう。

褒められて嫌な気分になる人はいません。何かが出来たときに一緒になって喜んでくれる女性を男性は大事にしたいと思うものです。

服装や容姿についても褒めることは重要です。

彼に「しっかり俺の事を見てくれているんだ」という意識を植え付けることで、彼はあなたが褒めることで自信を持つようになり、より一層あなたを大事に思います。

趣味などもしっかり楽しむ

人は少しミステリアスな部分がある方が魅力的に見えます。

一緒にいる時間を増やすとお話ししましたが、1人の時間を有意義に過ごすことも同じくらい大切です。

24時間、彼が何をしているのか不安で仕方ない女性は重すぎます。

そうならないためにも、彼氏以外に夢中になれるあなた自身の趣味も見つけましょう。趣味を見つけることであなた自身もより一層輝くことができ、魅力的な女性になることが出来ます。

ただし、彼が心配してしまうような趣味は控えるようにしてください。

いくら趣味でも、男性ばかりの空間で過ごしてばかりは彼に無駄に心配を与えてしまいます。

そうならないためにも趣味の内容については事前に考えましょう。

間違った依存のさせ方

このように、彼氏を依存させることは彼氏を離れられなくするのに有効ですが、間違った依存のさせ方をしないように注意が必要です。

次のようなことをやると逆効果になるので絶対にやらないようにしてください。

お互いの交友関係を断ち切る

彼氏を依存させるために、お互いの交友関係を断ち切ろうとする女性がいますが、これはやってはいけません。

恋愛に束縛や嫉妬はつきものですが、束縛や嫉妬のしすぎには注意しましょう。

縛り付ける窮屈な恋愛は、一方が耐えられなくなってしまうことが多いもの。今までの良い交友関係は維持しながら交際を楽しめるようにしましょう。

自分がされたら嫌なことを異性の友達とはしないとお互いが守ることで、友達関係を壊すことなく上手に交際を楽しむことができます。

連絡の強制

女性に多いのが、恋人からの連絡が常にないと心配で何も手につかないので、常に連絡を取ろうとするパターンです。

これは、単なる重い女でしかありません。

大人の恋愛では、あなた自身も一人の人間として自立することが大切です。連絡に依存してはいけません。

社会人になれば連絡を取ることができない時間があるのは当たり前です。

彼の仕事などの邪魔にならないよう、余裕を持って待っていられる女性になるようにしましょう。

なんでも彼の言うとおりにする

なんでも彼の言う通りにしても、彼氏を依存させる効果は得られません。

お互いの意思を尊重するのは大切ですが、一方的に彼の言うとおりにするのは間違っています。

彼の判断がないと行動できない女性になってしまわないように、自分の意思もしっかりと伝えるようにしましょう。

彼に嫌われたくないから何でも彼の言うとおりにする女性は多いですが、それは間違った方向であなたが依存してしまっている状態です。

早くその状況に気づいて改善できるようにしていきましょう。


いかがでしたか?

今回は彼氏を依存させることで離れられなくする方法についてご紹介しました。

自分に依存させるといっても、間違った依存は別れにつながってしまうことも多いです。

そうなってしまわないように、窮屈に感じないように、上手な依存のさせ方ができる愛され女性を目指しましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする