ほっとけない女になるための4ステップ

ほっとけない女になるための4ステップ
ほっとけない女になることに憧れる女性は多いのではないでしょうか?

でも実際にほっとけない女になるには何が必要なのかわからないと思います。

男がほっとけない女になるための4ステップで、あなたもほっとけない女になってみませんか?

まず人間性が大切

男性がほっとけない女性になるには、まず人間性が大切です。

まずは、礼儀のきちんとした女性になりましょう。相手に好意を持ってもらうには、礼儀は基本です。

いくら男性が単純といっても、美人だというだけで何でも許されるわけではありません。挨拶も出来ない、お礼の言葉も言えない女性にあなたはなってはいけません。

まずは人として大切な挨拶・礼儀をしっかりできる女性になりましょう。これは全ての人間関係においても基本となる大切なことです。

笑顔で挨拶ができる人に対してマイナスな第一印象は抱きにくいです。

その一日の始まりや終わりはもちろんのこと、お礼の言葉や謝罪の言葉はきちんと言えるようになりましょう。

普段いくらくだけたような接し方をしている相手だったとしても、挨拶やお礼、謝罪を言うときにはきちんと伝えることが人間関係においても、とても大切なマナーになります。

何事も笑顔で頑張る女性になる

すぐ人に頼るのではなく、自分で一生懸命頑張る女性になりましょう。

人は一生懸命に頑張っている人だからこそ、「助けてあげたい」、「何か力になってあげたい」と思うものです。いい加減で手抜きしている人を助けたいと思う人はいません。

ほっとけない女性になるために大切なのは、「何事にも真剣に取り組む姿勢」です、まずは、「頑張るあなたを助けたい」と男性に思ってもらえる自分になっていきましょう。

プライベートでも仕事でも、最初から人を頼るのではなく、まずは自分が真剣に取り組んでみることが大切です。

「女性だから」を言い訳にしない

「女性だから」を言い訳にしないことが大切です。まずは自分で頑張りましょう。その姿勢を見てくれている人はたくさんいるものです。

一部には「助けてもらって当然」という態度の女性もいますが、あなたはそうなってはいけません。助けている男性も内心は苦々しく思っています。

一生懸命な姿は人の心を打ちます。何事も笑顔で頑張るという姿勢は、あなたの人生をプラスに好転させるでしょう。

頑張りながらも笑顔を忘れない女性を、男性は守ってあげたいと思うものです。

そうすることで、男性があなたを助けてあげたいと思うような環境が整っていきます。

助けは素直に受け入れ、感謝する

頑張っている所を助けてもらったら、素直に受け入れ感謝できる女性になりましょう。

手助けをしてくれようとする男性が現れたのに、頑張りすぎて卑屈になるのはよくありません。自分で頑張りながらも素直に人に頼ることのできる女性が、男性の頼られたい欲求を満たしてくれる存在になるのです。

頑張ってきた過程があるからこそ、男性はあなたの力になってあげたいと思っているのです。その気持ちを素直に受け取りましょう。

そして、助けてもらった時はお礼の言葉を忘れないようにしてください。「ありがとう」などの感謝の気持ちを笑顔で伝えられて、嫌な気分になる人はいません。

助けてもらったことで、助けた相手の気持ちを明るくすることが出来る女性が、ほっとけない女性になることが出来るのです。

ちょっとした天然の要素を持つ

ちょっとした天然の要素を持つ女性になりましょう。

完璧すぎる女性はほっといても大丈夫です。ちょっと天然の女性だから「ほっとけない」と男性は思うのです。

最初から他人任せで、その上天然で抜けていると、何も出来ないダメ女になってしまうのでよくありません。何事にも一生懸命に頑張るあなただからこそ、ちょっと抜けているところがかわいく見えるのです。

ただし、この抜けた一面も意識しすぎて度を越えてしまうと、男性に「この子はないな」と思われてしまいます。わざとらしい不思議ちゃんアピールはばれてしまいますし、嫌がられてしまうので注意してください。

いつも完璧を求めようとしているあなただからこそ、ちょっとした失敗を天然と見てもらうことが出来、意識をしなくても抜けた一面を出すことが出来るのです。

目指すのは、「一人でも出来そうだけど、ちょっと危なっかしい」状態です。

車庫入れは苦手だけど自分でやろうと頑張るからこそ、男性が「車庫入れは俺が変わるよ」と、ほっとけない女性を助ける喜びを感じられるようになるのです。


まとめ

男がほっとけない女になるための4ステップ

  1. まず人間性が大切
  2. 何事も笑顔で頑張る女性になる
  3. 助けは素直に受け入れ、感謝する
  4. ちょっとした天然の要素を持つ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする