恋愛がめんどくさい女性が恋愛を楽しむための5つのポイント

恋愛がめんどくさい女性が恋愛を楽しむための5つのポイント
恋愛めんどくさい女性っていますよね。さまざまな理由で恋愛が面倒だと感じているケースがあるでしょう。

しかし、恋愛が面倒だと感じるのは、勘違いの可能性もあります。恋愛自体が面倒なのではなく、別の要因という可能性もあるということ。

ここでは、恋愛がめんどくさい女性が恋愛を楽しむための5つのポイントをご紹介していきます。

恋愛がめんどくさい理由

恋愛がめんどくさいと感じている女性でも、人を好きになることがめんどくさいとは感じていないはず。

自分の心が煩わしいとは感じても、面倒だとは感じないですよね。

では最初に、恋愛をめんどくさいと感じる理由を見てみましょう。

過去の恋愛で嫌な思いをした

過去に付き合った男性が面倒なタイプで、嫉妬深かったりした場合には、恋愛することがめんどくさく感じられることでしょう。

連絡をこまめに取り合い、返事がこないと叱られるなどの経験があれば当然なのかもしれません。

デートの約束が得意ではない

いちいちデートの約束をして、当日準備をして出かける行為がめんどくさいと感じる女性もいることでしょう。

女子会なども、計画した段階では楽しみにしていても、いざ当日雨などで出かけるのが面倒になった経験は誰にでもあります。

女性は気まぐれです。デートをするのがめんどくさくなってしまうのは普通のこと。そのせいで恋愛自体が面倒だと感じてしまうのは勿体ないのかもしれません。

自分の時間を大事にしたい

自分の趣味に没頭している時間に余計な邪魔が入ると彼氏のことが鬱陶しくなってしまいますよね。誰にでもあることですし、男女問わずにありがちです。

しかし、これは恋愛シーンだけではなく、友人関係にでも当てはまる話。恋愛が面倒だというのは、自分に対する言い訳の可能性もありますよね。

恋愛がめんどくさい女性が恋愛を楽しむポイント5つ

では、恋愛がめんどくさいと感じている女性が恋愛を楽しむためには、どのようなポイントがあるのでしょうか。ご紹介します。

マメなことが苦手な男性を探す

過去の恋愛のトラウマで、もう恋愛はしたくないと感じている女性は、勿体ない状態と言えます。

過去の彼氏はたまたま面倒なタイプだったにすぎません。自分には合わないのだと認識し、嫉妬深い男性や、マメな男性を避けて恋愛を楽しんでみてはいかがでしょうか。

男性の中にも面倒な女性が苦手だと考える人は多くいます。あなたに合う男性を上手に見つけることがポイントです。趣味が多彩で自分の世界を大切にしているタイプがいいのかもしれません。

面倒な男性とは1つのことにとらわれやすい男性です。それは悪いことではありませんし、見方を変えれば、一途に愛してくれる男性だとも言えます。

しかし、そういうタイプが苦手だということは、情熱的に大げさな表現で愛してはくれない男性が合うのかもしれませんね。

最初に約束事が苦手だと宣言する

最初に彼氏に対して、約束が苦手だと伝えておきましょう。

「ドタキャンすることがあるかもしれない」と伝えておけば、男性も納得してくれるはず。無理な約束はせずに、「もしも当日気が向けば会おうね」などの約束の仕方をしてくれるのではないでしょうか。

苦手なことは誰にでも存在します。正直に話しておくことで、あなたの性格全てを含めて好きになってくれるかもしれませんね。

自分の時間が優先だと伝えておく

自分の時間を大事にしたいのであれば、こちらも最初に宣言しておきましょう。

趣味多彩な男性であれば、快諾してくれますよ。お互いに自分の時間を大事にできることは素敵なこと。男性みんなが邪魔な存在だと考えるのは間違いです。

わがままな女性だと思われてしまうかもしれないと不安かもしれませんが、それは問題ありません。

確かにその性格はわがままですが、それが正直で良いという男性も多数います。なぜなら、人間誰でも感じていることだからです。

片想いを楽しむ

恋愛を楽しむだけなら、片想いを楽しんでしまいましょう。

実は、恋愛で楽しいのは片想いです。好きな人のことを妄想してあれやこれやと期待に胸を膨らませるだけであれば楽しい時間を過ごせます。めんどくさいと感じてしまうのは付き合ってしまうからです。

恋愛を楽しむために、まずは、片想いを楽しむことから初めてみましょう。慣れてきた頃には、恋愛がめんどくさいという心は薄れているかもしれませんね。

付き合わない

本末転倒かもしれませんが、恋愛を究極に楽しむためのポイントは、付き合わないこと。友達以上恋人未満の状態を上手にキープすることです。

そのためには、あなたから告白はしないこと、そして男性にも告白はさせないことがポイントになるでしょう。

曖昧な関係にとどめても実は両想い。その関係であれば、恋愛のドキドキ感だけは得られる効果がありますよね。しかし、面倒な事象は起きないというわけです。


まとめ

恋愛がめんどくさい女性が恋愛を楽しむための5つのポイント

  1. マメなことが苦手な男性を探す
  2. 最初に約束事が苦手だと宣言する
  3. 自分の時間が優先だと伝えておく
  4. 好きな人に片想いを楽しむ
  5. 付き合わない